So-net無料ブログ作成
検索選択
妖怪変化な日々 ブログトップ
前の10件 | -

良かったね。○リムクラブ [妖怪変化な日々]

私が結構好きな、○リムクラブが、
M1グランプリで2位になって、
一挙に話題になった様子・・・。

私は、○ランチェンをやっている頃から、
「いいっ!」と思っていたのが、
http://meou-mikejo.blog.so-net.ne.jp/2008-05-16
更にパワーアップして、みんなに知られるように
なって、良かったね。
M1では、テレビの前で笑い転げていた私です。

相変わらず、賛否両論みたいだけど、
それは、妖怪なんだから仕方ないよ。

妖怪はすべての人には受け入れてもらえないかもしれないけれど、
実はとってもすばらしい宝を持っているんだもの。
(あの!水木しげる大先生も、お若い頃は苦労なさったようだし。)

今まで通り妖怪のまま、
変にソツなく、かっこ良くなったりしないで、
ゆるゆると末永くがんばってほしいです。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年に一度の・・・ [妖怪変化な日々]

うちの年賀状・・・毎年みなさんから笑われています。
自分達でも、よくまぁやるもんだ、と思います。
若い方でそういう年賀状の方はおられるとは思いますが、
普通は、わざわざ中年になってから、
しかも夫婦でやるようなもんではないでしょう・・・

相手によっては、失礼、かもしれない年賀状ですが、
年のはじめに笑えるんだから、いいじゃん!
(福笑い夫婦かっ!?)
と、目上の人にも送ってしまっています。
(ダンナさんの会社の社長さんとか・・・、
恩師とか・・・)

いや・・・私の学校の生徒には送っていなかったかな・・・
さすがに教育上まずいような気がして・・・

それは・・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

治療日記はじめました。 [妖怪変化な日々]

少し前からついったー(twitter)をご覧になっておられる方は、
気がついておられるかもしれませんが、
私、蓄膿症の治療のために、新たなる・・・そして、
ちょっと怪しい治療法を始めました!
そしてその治療日記を別のブログにつけることにしました。
(左上の、「めうのガーゼ治療日記」から行けます。)

確かにかなり怪しい治療法・・・っていうか、
最初その治療法の動画を見た時は、のけぞりました。
しかし、私なりによくよく調べ、検討した結果、
とりあえず試す価値はあるかな、と思って始めました。

そう、実は私もまだ半信半疑・・・かも・・・
でも、3日目に入った現在、効果は出て来ているようには思います・・・
特に暗示にかかっているのでなければ、時間を経て、
本当に治って行くのでしょう・・・

一応夏休みにセッセとがんばってみて、
その後も続ける価値ありと思ったら、がんばって続けようと思います。
(熟練者になったら、治療しながら外出できるらしいのですが、
今の私は、治療中の1〜2時間は外出ムリ!という状態になるので・・・)

なお、私自身が、「うん、これなら人にも薦められる!」
というぐらい納得するまで、
この治療についてのリンク先表示はいたしませんので、あしからず・・・
(でも、ガーゼ治療、と検索すると、大体の情報はわかると思います。)
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

最近発見された妖怪 [妖怪変化な日々]

最近新しく見つけた妖怪が何人かいます。

これまでにも知っていて、普通の人だと思っていたのに、
実は妖怪だった、という人もあります。

1、M先生、またの名をアステン先生
6月に転籍したW教会の牧師。
「アステン」は、お友達のさんびさんから教えて頂いた言葉で、
(さんびさんも「アステン一族」と思われます。)
「明日天に召されてもおかしくない」という意味だそうです。
なんでM先生がアステンなのかというと、
既に人間界での年齢は「初老」に達しておられるにもかかわらず、
まるでどこでもドアを使っているのではないかと思われる程、
地球上のあちこちに出没、
とにかく困っている人がいるとどこへでも飛んで行っちゃうらしいです。
そして、あまりにも浮世離れした超過密スケジュールのため、
地上でのからだには相当無理がかかっていると思われ、ご本人も、
「いつ天に召されてもおかしくないかもしれない・・・。」と、
半ば本気で言って笑っています・・・という訳で、
「アステン」先生です。

でもその行動力、実はブレーキがあまり効かないらしいです。
思い立つとアクセルふかしてどんどん行ってしまう、ということから、
教会員がかなり太い手綱を握り、時には
「先生、ダメ〜〜〜っ!」と全力で止めるらしい、
ということが最近わかって来ました。

でもいずれにせよ、何だか憎めない、カワイイ先生です。

2、Bさん、
Bさんと知り合ったのは、4年前、
マザーの炊き出しやてのはしでいっしょに活動しているボランティアの方です。
(他にも炊き出しボランティア関係には、まだ未発見の妖怪が多いと思われます)
地上での年齢は、どうやら私と同じぐらいらしいのですが、
年齢不詳で、「チェ・ゲバラ」に似ています。
(てのはしの「チェ・ゲバラ」とも呼ばれています。)
私とは、チェブラーシカ好きなこと(!)や、音楽が好きなことや、
キリスト教に興味があることで、話が合うところが多いです。
時々、ものすごく難しくておもしろい本を貸してくれます。

以前より、多分妖怪なんだろうな、とは思っていたのですが、
最近たまたまいっしょに行動することがあり、
「やっぱりね。」というか、私が考えていた以上の妖怪だったようです。
この方の行動範囲は、M先生ほど広くはなく、池袋近辺が多いのですが、
どうやら困っている人がいると、磁石がついているかのように、
すすすす・・・とどこからともなく現れるらしいです。
(やはりブレーキがあまり効かないようで、本当はその分、
手綱をしっかりと握る人がいれば、理想的なのですが、
今のところいないのが悩みです。)
困り果てているところを、Bさんに救われた人は数知れず・・・
あと、南池袋公園に行くと、いつも将棋をしているおっさん達がいるのですが、
その公園での将棋を始めたのは、実はBさんなのだそうです。
ますますあやしくて素敵ではありませんか!

でも、この人の生活も、かなり「アステン」のようで、
先日「そろそろ倒れるかも」と言っていたので、
大事にしてほしいと思います。(っていうか、自分で少しブレーキを直すように)

3、W教会役員の、Hさん、
Hさんは、一見普通の人です。
ちょっと仏様っぽい風貌なので、思わず拝みたくなることもありますが、
その辺は私もクリスチャンなので、ぐっとがまんします。
まぁ、それ以外は普通の人に見えます。

時々私に、「この教会はアリ地獄のように奉仕が襲って来ますよ。」
とか、「こんな教会来るんじゃなかった・・・と思っていらっしゃるのでは・・・」
とかいうセリフを、満面のありがたい笑顔でおっしゃるところが、
ちょっと怪しい感じだったのですが・・・
(でもその人が言うと、このセリフもあんまり怖くない)

ところが私は先日、このHさんの真実を知ってしまったのです!

私はHさんは、声の張りもあるし、髪の毛もダンナさんよりも黒いし、
教会内でもアクティブに活動なさっているので、
まぁ、私より少し上の50歳ぐらいの方だろう、と思っていたのです。

ところが先日、平気な顔で、
「私が信仰を持ったのは、高校生の時です。それ以来50年が経ち・・・」
とかおっしゃるではないですか!?
しかも、戦時中の日本がどうだったとか、B29を見たとか・・・
えっ・・・すると、Hさんの年齢は、60代後半ぐらいな訳!?

わぁ〜・・・あの仏顔は、ただの人ではなかったのか〜・・・
やっぱり妖怪だったのか〜!と悟った私でありました。

続きを読む


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

妖怪絶滅の危機! [妖怪変化な日々]

大変です!
最近、私達の愛する妖怪さん達が、次々と消滅しています!

①まずは、Tさん・・・
私達の住むマンションエレベーターホールによく出没して、
通る人を睨みつけていたTさんが、
最近ほとんどいません・・・。

今年に入ってから、Tさんを目撃したのは、3回ぐらい・・・
しかも、ここ1ヶ月ぐらいは、普通に散歩中とか、買い物中の姿も見ません・・・

どうしたんでしょう!

これでは、うちのマンションの鉄壁の防犯が崩れ、泥棒に入られてしまいます!

そして何より、私が寂しいです!
Tさん、カムバーック!!

②ぬぶおくん・・・
うちの近くの○トー○ーカドーで、
よく荷物整理をしていたり、たまにレジ打ちをしたりしていた、
我らがアイドル「坊浄霊塗撫男」くんが、いなくなってしまい、
もう1年近く姿を見ません!

いつも3階の文具売り場にいたぬぶおくん、
1階にしか用がなくても、○トー○ーカドーに行ったら、
わざわざ3階までのぼって、ぬぶおくんがいるかどうか、
二人でよく確かめに行っていたのですが・・・

心配です・・・
寂しいです・・・

③うどん屋のおやじ
○トー○ーカドーの3階は、
②のぬぶおくんがいた文具売り場だけでなく、
奥にファミレスとうどん屋があり、
そのうどん屋にも強烈なおやじがいて、私達はファンだったのです。
(子泣き爺系でかわいくて怖い。じーっと見ていると、
何となく生気を吸い取られるような気がする。)

ところが・・・

昨日、うどん屋に行ったところ、
3月31日をもって、閉店になる、と書いてありました!

「えっ・・・えぇっ・・・!?」

青天の霹靂とはこのことです。

Tさんがいなくなり、ぬぶおくんもいなくなり、
そして、最後の砦であった、
うどん屋のおやじまでいなくなるなんて・・・(;o;)(;o;)

ダンナさんが感極まって、うどん屋のおやじに、
「私達、ここのうどんが好きだったのに、残念です・・・」
と言っていました。
(「うどん」もおいしくて好きだったけれど、
本当は「おやじ」も(が?)好きだったのですよね、ダンナさん・・・)

すると、うどん屋のおやじは、
困ったような笑顔で、「えぇ、まぁ、へへへ・・・」
みたいな、絶妙の表情と絶妙のリアクションをしていたので、
私達はもっと、悲しくなりました・・・。

それにしても、この現代社会に生きていると、
本来気楽に生きていた妖怪のもとにも、
派遣切りとか、倒産とか、廃業とか、そういうものが及んで来て、
大変なんだなぁ、と思います・・・。
(でも、妖怪の運命って、
水木先生がマンガを書き始められた頃から、もの悲しいけれど・・・)

うちの大切な妖怪(天使)であるダンナさんも、
このところまた、土日返上でほとんど休みが取れずに働いています。

朝ダンナさんを送り出す時に、
「もしかしたら、これがダンナさんの見納めになるのかもしれない・・・。」
と、勝手にメランコリックになってしまう程、
ダンナさんのからだが心配な私です・・・
(・・・と、さりげなくのろけて、ごめんなさい・・・)

それでも私達は、私達の前から消えた3人(3妖怪?)の幸せを祈りつつ、
これからも素敵な妖怪をたくさん探し、自分達も妖怪ならではの
極上の人生を歩んで行こう・・・とそうおもふのでした・・・

(ちなみに、妖怪って何?という方は、
カテゴリ「勝手に妖怪図鑑」をご覧下さいませ。m(__)m)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぬぶお君よいずこ [妖怪変化な日々]

ここ半年ほど、我らがアイドル、ぬぶお君を見ません。
(ぬぶお君については、妖怪図鑑のBの項をご覧下さい。)
私達は、○トー○ーカドーにお買い物に行く度に、
以前ぬぶお君が度々目撃された、文具売り場のレジ前を
用がなくても通り、ぬぶお君を探しているのですが、
(防犯カメラには、挙動不審の夫婦として写っていて、
マークされているかもしれない。)
最近レジを打っているのは、普通の人ばかり・・・

ぬぶお君はどこに行ったのでしょう?

ぬぶお君は年齢不詳なので、
学生なのか社会人なのかもよくわからないのですが、
学生だったとしたら、晴れてどこかに就職して、
○トー○カドーのバイトをやめた、という線が考えられますが、
悲しい推測としては、
派遣切り(妖怪切り?)に遭って、○トー○ーカドーを
クビになってしまった、という可能性もある訳で・・・

でも、私達がどんなにぬぶお君を好きでも、
○トー○ーカドーの人にぬぶお君の消息を尋ねることはできません。

だって、彼の本当の名前も知らないし、
(名札をつけていたこともあったような気がするのですが、
いつも強烈な彼の顔に見とれて、名札を確認し損なうのです。)
私達が「ファンなんです」なんて言っても、きっと普通の人には理解してもらえず、
恐ろしくシュミの変わったストーカー夫婦、とか思われて、
下手をすると通報されてしまうかもしれません。
(シュミが変わっていることは、多分本当だと思います。)

この間も、仕事の帰り道に、○トー○カドーにわざわざ寄ってみたのですが、
やはりいませんでした・・・

どこに行っちゃったのでしょう・・・

とても寂しいです・・・

と思っていたら、テレビにちょっとぬぶお君に似た人が出て来て、
インタビューを受けている・・・と思ったら、
この度オスカーを受賞した監督さん(短編の方の)だったので、
ちょっとだけ慰められた私です。

コスプレに走る私(達?) [妖怪変化な日々]

気がつけば、うちには、コスプレの衣装や小道具が、
多少・・・ある・・・多少ですが・・・

結婚をして以来、
何か時々、ムラムラと、変な格好をしたくなる私・・・らしいです。
(一応申し上げておくと、エロ方面での活用じゃないです。)

その一つの原因として、妖怪仲間であり、クリスチャン仲間でもある、
(仲間というか、牧師先生ですが)
「ラミーキッズ師」の影響も、あるのではないか、
(ラミーキッズ師につきましては、妖怪図鑑のLの項、及び、
このページの「読んでいるブログ」にある、
「こひつじキリスト教会成沢チャペル」をご参照下さい。)
と一部でささやかれてはいますが、
それは、めう三毛女の責任逃れだ、という説もあり、
定かではありません。

それでも結婚当初はガマンしていたのですが、
昨年はとうとう、私がガマンの限界を超え、
ゲゲゲの○太郎と○ずみ男の衣装をネットで購入、
ダンナさんと「ウキキッ♪」とか言いながら、
交代で着用して写真を撮ったりしていました。

(ちなみに、我が家のリビングのカーテンには、
一反もめんが泳いでおり、
居間のチェストの上には、
○太郎のしゃべるお父さん等身大サイズも座っています。)

そして先日は、某アクセサリー屋さんの、
ハロウィーングッズに置いてあった、猫耳カチューシャを
自分も猫のくせに買ってしまいました。
そして同じ店で、安かったので調子に乗って、
ウサギ耳カチューシャまで買ってしまいました。
(実を言うと、そのウサギ耳をつけて、○ーメンズのコント、
「○ニー部」に出て来る体操、「レディオ体操第一、略してレディチ」
をやってみたい、あるいはダンナさんにやってほしい、という、
ヒソカな欲望もあって・・・)

それで、いずれのコスチュームも、
買う時は夢中で何も考えていなかったのですが、
買ってしまってから、「一体どこでどう使うのか・・・」
という現実を思い出し、ただ、呆然とするのです・・・

実を言うと当初は、ゲゲゲの○太郎と○ずみ男のいでたちで、
「てのはし」の夏祭りに行こう、と計画していたのですが、
みなさまご存知のように、この夏はあまりにも暑かったので、
「ケッ、コスチュームなんて、暑くて着られねぇよ・・・」
と、なぜかこのセリフだけ、ちょっと江戸っ子っぽく言って、
着て行くのをやめました。
(結局仕事の関係で、今年の「てのはし」の夏祭りは、
慰霊祭しか参加できなかったし・・・)

それで、今のところ二人で目論んでいるのは、
毎年恒例の、友人同士の忘年会に持って行き、
何か芸をする、というものですが、どうなることやら・・・

(この忘年会、もともとは同級生数人の集まりだったのが、
みんなが結婚したり子供ができたりするうちに、
家族を連れて来るようになり、人数がどんどん増え、
今では、大人と子供が入り乱れる、20人近くの忘年会となっています。)

ちなみに、一昨年、昨年と、
この忘年会で、私達夫婦は、メカブショッカーの
スッタカトダンスを披露し(もちろん、スッタカトちゃん同伴で)
http://jp.youtube.com/watch?v=6Bj2w5b735w
参加者全員の腹筋を筋肉痛にすることに成功しており、
今年は更に、グレードアップを狙っているのであります。

(そのダンスが余程強烈だったらしく、
ダンナさんはそれ以来、子供達に、
「スッタカトのおじちゃん」と呼ばれています。)

しかし、コスプレだけで、昨年のインパクトを凌げるとも思えず、
う〜む・・・(-_-;)
悩みはつきません・・・
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

目黒寄生虫館デート [妖怪変化な日々]

ここ何年もず〜っと、行きたいと思っていた、
目黒寄生虫館に、ダンナさんと二人で行って来ました。

あの・・・ニョロニョロ系の虫が苦手な方は読むのをやめて下さいね・・・
(といっても、写真を載せるでもなし、
特にグロテスクな日記ではないと思いますが)

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さようなら、めう2号 [妖怪変化な日々]

このブログの左端(パソコンで見た場合)にいつも住んでいた、
ハーボットのめう2号、
このほど、ハーボットのサービスが終了するために、
7月いっぱいでさようならすることになりました。

ううむ、残念だなぁ。

この、あんまり人にコビずに、我が道を行き、
でも、必要な仕事はやってくれる、めう2号が、
私は結構気に入っていたのですが、
時代とともにユーザーが少なくなっていたのでしょうか・・・

そう言えば、私はまだ、実家のパソコンに、
ポストペットを飼っていて、
もう、十年近く生きているのですが、
おつかいに行く機会を失って(他に飼っている友人が皆無・・・(^_^;))、
たまに私が実家に寄った時に、
うちでおやつを食べたり、怪しげなアクセサリーをつけたり、
庭で遊んだりするのみになりました。

まぁ、こういうものは、時代の流れとともにあるので、
やがては廃れてなくなって行くのは、仕方がないのですねぇ。
しかし、それなりにかまったり、単純なりとも、会話をしたりしたので、
これが作りもののペットだとわかっていても、
なくなるのは、寂しいなぁ。

そのような訳で、めう2号もあと4日の命ですが、
最後まで彼は冷静に仕事をすると思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

○ーメンズが好き [妖怪変化な日々]

最近、お笑いのコンビ(って言っていいのかなぁ?)で、
○ランチェンよりも更にハマっているのがあります。

まぁ、前から好きだったのですが・・・
それは、○ーメンズであります。

う〜んと、テレビでは、数年前ぐらいまで○HKに時々出ていたのですが、
最近のいわゆる「お笑い番組」にはほとんど出てこないので、
知らない方もおられるかもしれません。
(一度だけ、「笑点」に出演していたのを見た事があります)

以前、Macとウインドウズパソコンが擬人化されて対話する、
Macのコマーシャルがあったのですが、
そこに出て来た二人組、というと、少しわかって頂けるかもしれません。

テレビにはほとんど出て来ないし、
(テレビコマーシャルにさりげなく出演していたりはするみたい)
ホームページなどで見ると、最近は二人での活動はあまりなく、
それぞれ別々に活動なさっているようです・・・。

じゃあ○ーメンズの舞台をどう楽しめば良いかというと、
DVDがたくさん出ているのですね。

テレビにはあまり出演しないけれど、全国公演した作品がたくさんあって、
(公演の切符は、あっという間に売り切れるらしい)
それがみんなDVDになっているのです。

私はこれまで、何かのDVDを買って、家で見る、
という行為を、ほとんどしたことがないのですが、
映画なんかは映画館で見たい、というアナログをばさんなので)
彼らの作品は、DVDでないと見られないので、仕方がないのです。

それで、先日2本ぐらい買って来て、家で見たところ、
お腹の皮がよじれました・・・。

笑いのツボが、全く私向きなのであります!

感覚としては、一昔前のイギリスのコントに近いのかなぁ?
ミスタービーンで有名なローワン・アトキンソンの舞台なんかに
近いものがあるかも・・・
(もちろん全然違うんですけれど、笑いの方向性として・・・)

ネタそのものの面白さもありますが、それ以外にも、
マイム、踊り、ものまね、マジック等、様々な要素を縦横無尽に使って、
見せてくれるのです。
そして、あの「間」の取り方は、絶妙です!

(そして、実を言うと、彼らが時々使う、言葉遊びの要素は、
うちでダンナさんと私がやっているようなのと方向性が同じ・・・おぉ!)

また、舞台装置や小道具は、非常にシンプルで無駄がないのです。

それで、私が家でダンナさんに、「○ーメンズ、良い!」と叫んだり、
DVDを見て椅子から落ちそうになって笑ったりしていたら、
ダンナさんが、
「めうさん、今月のめうさんの誕生日には、
○ーメンズのDVDボックスを買ってあげましょう。」
と言ってくれました!

わ〜い!ダンナさん、ありがとう!
(でも、DVDボックス、二つ出ているんですが・・・
どっちを買ってもらおう・・・まさか、両方?(^_^;)なんてね・・・)

ダンナさんは気に入るかどうかわかりませんが、
(ダンナさんには、ファンの間ではかなり有名なコントを、
ひとつだけ見せてみたのですが・・・)
お時間があったら、ごいっしょに見て、ごいっしょに笑い転げましょうね!
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 妖怪変化な日々 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。