So-net無料ブログ作成
検索選択
勝手に妖怪図鑑 ブログトップ

A~E [勝手に妖怪図鑑]

めう三毛女とダンナさん(Yねこ)が出会った
妖怪と思われる方々を、図鑑にしてご紹介したいと思います。
本人の承諾を得ることなく、二人で勝手に、「妖怪」と判定した方々ですが、
その怪しさ加減において、すばらしい方々ばかりです。
(二人にとって、妖怪である、ということは、最大の賛辞なのです!)
これからも少しずつ足して行こうと思います。

なお、本当は図を載せて図鑑にする予定なのですが、
ただ今技術的問題により(スキャナの使い方がわからない(~_~;))
画像がアップできません。
少しずつがんばりますので、・・・・・次号を待て。

****************

[Aさん]・・・あの、ロシアのアイドル、チェブラーシカが、
       http://www.ghibli-museum.jp/cheb/
       なぜか日本の池袋に現れ、池袋に「ともだちの家」を作ろうとしている、
       という噂が立っている。
       一見、日本人の女の子みたいに化けていて、
       日本人の女の子っぽく、Aさん、(人によっては「姫」とも)
       と呼ばれているが、
       その言動や雰囲気は、明らかにチェブラーシカだそうだ。

       まさか・・・と思うのだが、
       チェブラーシカはいつの間にか、フランスの「○○の医療団」の
       団員になったらしい。
       やっぱり、オレンジの箱に入って、池袋に届けられたのか?
       と思ったが、目撃者の証言によると、一番最初は、
       南池袋公園(現在閉鎖中)の炊き出しで、おじさん達に配る、
       バナナの箱に入っていたらしい。
       じゃあゲーナはどこに?というと、
       それと疑わしき人物は何人かいるようだが、まだ特定されていない。
       (「ともだちの家」を作る仲間として、きりんさんやライオンさんや、
       色々な仲間がいるようなので、どれが誰だかよくわかんないの。)
       いずれにせよ、彼らがチェブラーシカと遊びながら、
       周囲の人や路上のおじさん達に幸せの種をまいているところが、
       池袋では度々目撃されている。


[Bさん]・・・池袋近辺に現れる妖怪。
       年齢不詳、国籍不明、
       あの、キューバの革命家「チェ・ゲバラ」に似ている。
       時々「キリスト」にも似ていると言われる。
       そういう浮世離れした風貌ゆえに、時々婦女子に恐れられるようだが、
       実はチェブラーシカ好き。
       そして実は音楽や芸術に才能がある・・・らしい・・・

       池袋近辺に困り果てて死にそうになっていたり、
       倒れていたりする人がいると、どこからもなく
       すすすす・・・と現れて、救ってくれるという。
       そうやってBさんに救われた人は数知れず・・・

       また、池袋の公園でおっさん達が将棋をしている光景が見られるが、
       あれを始めたのは、Bさんらしい。

       しかし、自分がほとんど休日が取れなくても、
       お仕事ができなくなっても、困っている人を助けに行ってしまうので、
       かなり「アステン」(「M先生」の(注)を参照)状態。
       ほどほどにして、大事にするように。

[坊浄霊塗撫男(ぼぅじょぅれい・ぬぶお)]・・・
          ぬぶおくん by ダンナさん

       一度しか会っていないにもかかわらず、
       その強烈な風貌と妖気で、めう三毛女とYねこをとりこにする。
       二人が住みかのすぐ近くの、○トー○ーカドーのレジで働いているところを
       一度だけ目撃される。
       この怪しげな名前は、Yねこの勝手な命名によるもので、
       11月頃になると騒がれる、某フランスワインの名前から取ったもの。
       (ただ、発音した時の音感が、彼っぽかった、という理由で)
       二人で勝手に「ぬぶお君」と呼び、再会を切に願っている。
       また、世渡りがあまり上手そうでないので、
       「世の中に負けないで、幸せになってほしい。」と応援している。


[ちなみさん]・・フリーのアナウンサーとして活躍するとともに、
       ホームレス支援に取り組み、
       「歯みがきプロジェクト」という活動の代表をつとめる妖怪。
        http://www.tokyo-homeless.com/
       この図鑑には珍しく、人間的尺度においても美人さんなので、
       出身大学において、ミス○○に選ばれたりしたらしい。
       普段はさわやかに、アナウンサーとして
       人々に元気を及ぼすべく活躍しているようだが、
       その生まれながらの妖気はいくら隠してみても
       (隠してもいないようだが)、
       妖怪同士はしっかりとキャッチできるので、
       気がつくと、やはり妖怪と思われるY氏 と
       交換日記をしていたり、
       図鑑にも掲載されているottiさんや、めう三毛女、Yねこ、
       また、この図鑑に未掲載の、多くの妖怪と思われる輩と
       交際していたりするので、油断ならない。
       また、彼女の話を聞いたり、 ホームページを見ていたりすると、
       何となく優しい気持ちになり、
       フラフラと歯ブラシを買ってしまうらしい。
       最近、歯みがきプロジェクトが様々なメディアを通じて、
       少しずつ世の中に認知されて来たが、
       彼女の更なる活動により、
       ホームレス支援の輪と、妖怪の輪が、更に広がることを
       密かに祈る(目論む?)、めう三毛女である。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

F~J [勝手に妖怪図鑑]


[Hさん]・・・・・・・Hさん・・・W教会役員。
          ちょっと仏様っぽい風貌だが、普通の人に見える。
          ・・・普通の中年の人に見える・・・
          声が良いし、髪は黒いし、しわもあまりないし、
          教会役員としてとてもアクティブに活躍なさっている・・・
          まぁ、50歳ぐらいかな?と思っていたら、先日
          実際は地上の年齢は、後期高齢者にあと数年のお年であることが判明!
          戦時中にお生まれになり、B29も見ているらしい・・・

          あの、ありがたい仏顔と、時々そのありがたい笑顔でおっしゃる、
          コワイセリフは、やはり妖怪のそれだったのだ・・・
          W教会、おそるべしっ!


[I氏]・・・・・・・・○HKモスクワ支局の駐在員。
          ロシアや東欧で事件が起こると、ニュースの中継に出演、
          きわめて簡潔に、正確に事件の概要を伝えてくれる、切れ者。
          しかし、一度見たら忘れられない、ただならぬ妖気を発する。
          特に大事件が起こると、徹夜の取材と中継(時差ゆえ)により、
          日に日に目の下のクマが濃くなり、妖気が増す。

          追加情報:ミクシィの中に、氏のコミュニティがあることを発見!
          感動した(古い)!
          氏の妖気をキャッチできる同志を多数見出し、非常に満足である。
          アドレスはこちら。
          http://mixi.jp/view_community.pl?id=188370
          更に、こちらで、「兄」「兄者」と呼ばれている。画像もあり。
          http://tessynews.hp.infoseek.co.jp/2001/a.html#ishikawa_i


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

K〜O [勝手に妖怪図鑑]


[K母]・・・・・・・・・ダンナさん(Yねこ)の母。
          昭和ひとケタ生まれの可愛い妖怪。
          昔の写真は、○HKの「ためして○ッテン」司会のOアナウンサーに似ている。
          天使の疑いのあるYねこをどのように製造、養育したのか、詳細は不明。
          K母の告白によると、Yねこは橋のたもとから拾ってきた、とのことであるが、
          拾ってきたにしては、Yねこの幼少期、
          K母手作りの素敵な服を来た写真が多数発見され、謎は深まるばかり。
          めう三毛女は、この母も天使かもしれないと疑っている。
          主婦としての仕事は万端こなし、洋裁や機械編みなどもできる上に、
          鎌倉彫などという、怪しげな趣味も持っている。
          2006年秋、家の全面的リフォームを実施。
          N建築士(Nの項参照)に5回も設計図書き換えを命じつつ、理想の部屋を追求、
          ほとんどの荷造りや、様々な手続きを一人で手配、
          精力的にリフォームを遂行、部屋を素敵な空間に作り変えた。
          しかし人間でいえば、高齢者と呼ばれる年齢、
          最近弱っている腰や足を大事にして、いつまでも元気でいてほしい、
          と、めう三毛女とYねこは願っている。


[ラミーキッズLamby-kids師]・・・こひつじキリスト教会成沢チャペルの牧師。
          めう三毛女は、まだ一度もお会いしていないが、ブログを通じて、
          怪しい電波を送り合っている仲である。
          師のブログはこちら。
          http://blog.so-net.ne.jp/lambykids-is-so-fun/
          風貌はあんまり牧師っぽくないのに(少し桑名信義似)、
          誠実に牧師の務めを果たしているところが限りなく怪しい。
          神が師と教会に与えた、愉快なキリスト印の妖気のために、
          教会に集う人々はいつも、腹筋筋肉痛になっているらしい。
          時々あやかしの術を使って、「カールおじさん」、
          「ボブサップ」等に変身し、子供達を熱狂させるらしい。
          子供達が生きにくい現代社会にあって、
          子供が何も心配せずに天真爛漫にいられる、
          貴重なオアシスを、成沢の地に形成していると見られる。
          これからもぜひ、そのキリスト印の妖気によって、
          みんながニコニコしてしまうエリアが広がることを祈る。


[まっくろくろすけさん]・・・日本の代表的な、みかんの某産地に住んでいるらしい。
          と、思っていたら、みかんの産地は隣の県で、
          その県はみかんよりも、桃とぶどう(マスカットとピオーネ)の産地、
          との、ご本人よりのご指摘が・・・すみませ〜ん・・・m(__)m
          日本を代表するアニメ監督、宮崎駿氏の「○なりの○トロ」に
          出演していた(?)のをめう三毛女も見たことがあるが、
          (アニメご出演時の雄姿)まっくろくろすけ.jpg
          本当に普段でもあんなに小さくて黒いのか、
          あんなにたくさんの一族で暮らしているのかは、不明。
          農業に携わる他に、
          みんなの心を和やかに元気にする、美しい写真を撮ったりしているらしいが、
          あんなちっこいからだじゃ、スコップもスキも持てないし、
          シャッターも押せないじゃん、
          と、めう三毛女は横浜弁で疑っている。
          (この度、ご本人からの衝撃の告白が!!
          普段は普通に人間の格好をして暮らしておられるとのこと。おぉ!)
          自然を愛し、柔らかで豊かな心を持つ。
          困っている人、傷ついている人に、いつも暖かい手を差し伸べるところは、
          妖怪の鏡である。
          灰谷健次郎を師とあおいでいるとのことで、
          めう三毛女も、ネットを通じて、色々と教えて頂いている。

[M先生(アステン先生)]・・・めうの通うW教会の牧師。
          地上での年齢は、初老あたりだと思われるが、
         (年齢はサバをよんで、50歳と言っておられるらしい・・・
          そうすると、11歳の時から牧師として働いていることになっちゃうけど、
          その指摘をされても、先生も教会員も曖昧に笑うのみ。
          本当は何百年も生きておられるのかもしれない。)
          アステン(注)と言われる程の激務でありながら、
          困っている人がいる、と耳にすると、地球上のどこへでも
          飛んで行くらしい。
         (一反もめんに乗るのか、どこでもドアを使うのか、
          あるいは普通に飛行機などに乗るのかは不明)
          しかし、その行動力にはブレーキがついていない。
          そこで、W教会教会員(特に強烈な妖怪ぞろいの役員12人)が、
          太い手綱を握り、時には、
         「先生、ダメ~~~~~っっ!」と全力で止めるらしい。
          時々そうやって、教会員に叱られているところが見られる。

          でも、何だか憎めない、カワイイ先生です。

(注)アステン・・・「明日天に召されてもおかしくない。」状態の人のこと。
尊敬語なのか、愛称なのか、職業名なのか、特定の嗜好なのかは不明。

[水木しげる氏]・・・めう三毛女とダンナさん(Yねこ)が師とあおぐ妖怪。
          その妖怪収集と、妖怪を描いたマンガ作品、また、
          自身の妖怪人生(妖怪生?)等、
          あまりに有名なので、ここでは詳しく語る必要がないであろう。
          Yねこはかつて、幼稚園を脱走して、近所のお兄ちゃんの家で
          氏のマンガを読んでいた、という。
          今もYねこの本棚には、水木しげる作品集(特に初期の貸本時代の)が
          並んでいる。
          そういう訳で、Yねこにとっては、鬼太郎といえば「墓場鬼太郎」である。
          めう三毛女も幼少期、鬼太郎が他のどのヒーローよりも大好きであったが、
          年齢的に、アニメの「ゲゲゲの鬼太郎」になじんでいる。
          いつか二人で、氏の故郷、境港に行くのが夢である。
          二人で旅に出るとたいてい、おみやげ屋にて、
          鬼太郎ご当地グッズの、めだまおやじストラップや、
          ねずみ男ストラップを購入する。
          婚約時代に二人お揃いで買った、水木しげる先生自画像Tシャツと、
          めだまおやじTシャツは、二人の特別なイベントの際に着用する、家宝である。

[めう三毛女]・・・このブログを書いている。ダンナさん(Yねこ)といっしょに、
          ラブラブ妖怪ライフを営む。
          妖怪のくせにクリスチャンで、日曜日は礼拝に行くので、胡散臭い。
          西洋音楽をあやつり、ピアノを弾いたり楽譜を書いたりするが、
          主婦の仕事は半人前。かろうじて料理、洗濯をするが、
          掃除や片付けに於いてはほとんど無能。
          自ずと掃除や片付け、ゴミ捨て等はYねこがすることになり、
          めう三毛女は「ごめんなさい!」と毎回泣くくせに、事態は改善しない。
          心からの反省と更生が待たれる。


[N建築士]・・・めう三毛女のダンナさん(Yネコ)のおかあさんちの
          リフォーム担当の建築士。Y土地の社員。
          からだのパーツすべてが細くて長く、髪と目だけがクリクリでかわいい。
          一生懸命に仕事をしているのに、どこか怪しげなオーラを発しているところが良い。
          設計はなかなか良かったが、このところ人気が出て仕事のやりすぎなのか、
          終わりの方では手配ミスが目立つ。
          現代社会にその才能やチャーミングさをつぶされないことを祈る。
          ちなみに、時折マンションの郵便受けに投げ込まれる、Y土地のチラシにある、
          彼の似顔絵は、彼に全く似ていない。まことにもったいないことである。

          追加情報:Y土地のチラシの彼の似顔絵が、あまりにも彼に似ていなかったため、
          めう三毛女が似顔絵を描き、本人に渡したところ、
          彼の上司がその似顔絵を採用、
          今月から、Y土地のチラシに、めう三毛女によるN建築士の似顔絵が載り、
          この地域全体に配布されている。(謝礼は何もくれなかったが・・・)
          以下、チラシ掲載の似顔絵。
          左側にふきだしがあり、彼の自己紹介が書かれている。
          一級建築士、宅建主任者、一級電気工事施工管理技師、
          一級管工事管理技師らしい。函館出身らしい。おぉ!
          N建築士チラシ掲載

[N医師]・・・・めう三毛女が日曜日にお腹が痛くなった時に、見て下さった、
          S駅前クリニックの先生。胆石の検査もしてくれた。
          今時珍しく、触診ができる。
          インフォームド・コンセントに徹するとともに、癒し系の妖気を発しているので、
          患者はつい安心して、身をゆだねてしまう。
          優しげに見えて、どこか怪しい。
          めう三毛女は、勝手にこの先生を「私の主治医♪」と決めたようである。

[nyakkoさん]・・・北海道札幌近辺に、容姿端麗なネコと暮らす妖怪。
          知る人ぞ知る、知らない人は知らない「蝦夷野郎集団」の
          主要構成メンバー。
          めう三毛女は、面識はないが、ブログを通じて怪しげな電波を交換中。
          普段はネコと会話をしながら、設計の仕事をまじめにしているが、
          オフになると妖怪の血が騒ぎ、愛車に乗って外にふらぁっと出かけ、
          この世とは思えぬ美しい写真を撮っているらしい。
          そのブログと写真はここで見られる。
          http://blog.so-net.ne.jp/newriverspirits027/
          この写真の美しさと、ページ全体に漂うネコっぽい癒し系妖気によって、
          数々の訪問者が癒されているようである。
          しかし、美しい風景を求めて、人の行かない異界に足を踏み入れ、
          時々雪の中で遭難しかかったり、
          寒さに指をつらせて、自らの意思に反して
          手がフレミングの法則の形に固まっていたりするらしい。
          この愛すべき彼に、かわいい彼女(やはり妖怪が良いと思われる)
          ができることを、
          頼まれもしないのに勝手に祈る、めう三毛女である。

[N氏夫妻]・・・・・池袋駅周辺に、よく夫妻そろって現れる。
          最初は夫のみの出没であったが、数年前より妻の同伴が目撃されるようになり、
          この世のものとは思えない、夫婦絶妙のあ・うんの呼吸を見せているという。

          ホームレス、それもホームレスになり立てで困っている人や、
          病気で動けない人、生活保護を受けたい人など、
          特にとってもとっても困っている人がいると、
          どこからともなくやって来て、ピンチを救ってくれるという。

          必要ならば役所や病院、保護施設などにも同伴し、
          地獄の閻魔様(図鑑の編集者はクリスチャンだが、
          「閻魔様」をどう翻訳するべきなのか、迷うところである)
          より手強いと言われる、コワモテ福祉課職員とも果敢に闘い、
          というか、謎の妖術を使い、平和のうちに
          必要な保護を勝ち取ってくれるというが、真偽は定かではない。

          また、池袋の某公園で行われる炊き出し現場を取り仕切り、
          若い妖怪(最近は様々な年代の妖怪も)を集めて自在にあやつり、
          炊き出しをきわめて円滑に進める術を持つ。

          めう三毛女も、N氏の妖術にあやつられ、
          金曜日になるとフラフラと出て行き、炊き出しの手伝いをしているらしいが、
          ハッと気づくと記憶がない・・・(嘘です)

          このN夫妻のお陰で、多くの人が死を免れ、
          ピンチのところを救われ、自立を果たしており、
          その妖力は衰えるところを知らない。


[ottiさん]・・・・・池袋近辺に暮らす妖怪。
          この地上では、一言では言い尽くせぬ苦労を経験しているが、
          いつも前向きで積極的に努力していて偉いなぁ、とめう三毛女の弁。
          少し下がり目の容貌と、人なつっこい癒し系妖気で、
          気がつくと誰とでも仲良くなっている。
          ビッグイシューという、ホームレスの自立を助ける雑誌を売りながら、
          http://www.bigissue.jp/
          池袋駅前の某有名菓子屋前に現れることが多いが、
          最近は忽然と西葛西の方に現れたり、
          どこぞの大学の構内に現れたり、という目撃情報もある。
          またある時は、めう三毛女も参加している、
          「歯みがきプロジェクト」なる怪しげな団体で、
          (ウソ。怪しくないっす・・・すばらしい団体です。
          ・・・でもめう三毛女のせいで、怪しい?)
          http://www.tokyo-homeless.com/
          歯ブラシを配っていたり、
          また、どこぞのマンションで掃除をしていたりと、神出鬼没。
          運良く遭遇した場合は、思い切って話しかけたり、
          雑誌を買ったり(200円也)、接触を試みると良い。
          あなたもottiさんの癒し系妖気に惑わされ、
          フラフラと仲良しに・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

P~T [勝手に妖怪図鑑]


[Rちゃん]・・・めう三毛女の授業を受けたことがある、大学卒業生
          声楽科に在籍していながら、
          コンピューターをあやつって、怪しげなアニメ作品を作ったり、
          卒業制作に謎のオブジェを作ったりしていた。
          のんびりした、でも単なる癒し系とは違う、謎の妖気を放つ。
          めう三毛女とは、まったくあかの他人であるにも関わらず、
          Rちゃんとめう三毛女は、とてもよく似ている、と言われる。
          どのぐらい似ているかというと、めう三毛女は、全く面識のない学生から、
          「やぁ、Rちゃん・・・?あっ、間違えた、ごめんなさい。」
          と言われたことがある程。
          めう三毛女の誕生日に、クラゲのぬいぐるみをくれたことがある。
          そのぬいぐるみもRちゃんと名付けられて、現在ベッドに鎮座している。
          


[辻 征夫氏]・・めう三毛女の大好きな詩人。
          「かぜのひきかた」「鶯」など、ピュアな心で書かれた秀逸な詩集を多く残す。
          めう三毛女は、一度だけ遭遇。
          その癒し系の妖気は、類まれなるものがあった。
          「ダンナさん(Yねこ)とちょっと似ているの・・・」とめう三毛女の弁。
          その才能を惜しまれつつ、60歳の若さで、昇天。

[Tさん]・・・・・・・
          Tさん by めう三毛女 & ダンナさん

          めう三毛女の住むマンションに出没するおばさん。
          マンションのエレベーターホールによく出没し、ただ通る人を睨みつけている。
          その必殺オーラは、住民を不安に陥れるのだが、よく考えれば、
          マンションのこま犬かシーサーとして、犯罪者等よこしまな者を怯ませ、
          意外とみんなの役に立っているとも考えられる。
          恐れずに、もっとみんなで可愛がるべき妖怪。
          動物には優しく、飛んでいる鳥に手を振ったり、
          通りがかりの犬や猫に話しかけたりしている。
          時々住人の後を、至近距離で着いて来るという。
          Yねこは、このTさんに追いかけられて、半泣きになった。
          しかし、めう三毛女は、Tさんとエレベーターにいっしょに乗ったり、
          話しかけたりしたことで、Tさんの逆鱗に触れ、最近避けられているようである。
          「きっと悪い妖怪じゃないと思う。仲良くしたい。」
          と、めう三毛女は語っているが、今のところその思いは届いていない。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

U~Z [勝手に妖怪図鑑]

[うどん屋のおやじ]・・時々めう三毛女とダンナさんが行くうどん屋に、
          最近強烈なおやじを発見!
          我らがアイドル、坊浄霊塗撫男くん(Bの項を参照)の
          父親かもしれない、と思うほど、強烈に怪しい!
          職場も、塗撫男くんと同じ、○トー○ーカドー内のうどん屋・・・
          (塗撫男くんは同じ階の文房具売り場)

          もしかして○トー○ーカドーは、この不景気を乗り越えるため、
          妖怪の雇用に乗り出したのかもしれない・・・すごいぞ!

          その子泣き爺のような風貌と、いつも微妙に笑っているような顔は、
          客をどぎまぎさせ、早く注文して、早く食べて、
          早く出てしまおう、という気分にさせる・・・。
          きっと、店の回転が、3割増ぐらいに微妙に早くなったに違いない。
          それなのにしばらくすると、また怪しいおやじの顔が見たくなって、
          (怖いもの見たさ?)ついあのうどん屋に入ってしまうのだ・・・
          みそ煮込みうどんがおいしいし・・・

          しかし、どう見ても接客業には絶対に向いていなさそうなおやじが、
          なぜ、あんな年になって、うどん屋などで
          働き出したのだろう・・・?

          もしかしたら、不況の嵐で、リストラされちゃって、
          再就職にかけている、一生懸命なおやじなのかもしれない・・・
          家に帰れば、同じ顔の、あるいは、信じられないぐらい美人の
          奥さんと娘とかが待っているのかもしれない・・・

          あのおやじの妖気は、めうとダンナさんに
          そんなどうでもいい想像をかき立てるのであった。           

  
[Yさやかさん]・・・○HKの「○はよう日本」という朝の情報番組では、
          ○R東日本の女子社員の方が、首都圏の交通情報を教えてくれる、
          短いコーナーがある。
          この春の番組改編前後から時々ご出演の、Yさやかさんは、
          とても○Rの方とは思えないような、怪しいオーラを放つ。
          ○HKではI氏以来の、強烈な妖怪と思われます!(Iの項参照)
          最近I氏のご出演がめっきり減って、大変さびしく思っていた、
          めう三毛女とダンナさんは、久しぶりに狂喜乱舞している。
          他にも、この方に注目していらっしゃる方はおられるようで、
          画像つきのこんな記事も発見!
          http://popup777.net/archives/7550/
          さやかさんの今後の活躍に大いに期待!

[Yねこ]・・・・・・めう三毛女のダンナさん。昼間は会社員のフリをしているが、
          ねぐらへ帰ると、とたんにゴロニャ~ン♪と、もとの姿に帰る。
          しかし、そのあふれる癒しオーラと、優しく誠実な性格から、
          一説には、Yねこは、天使なのではないか、という話もあり、
          その正体については、妻のめう三毛女も「実のところわからない。」
          と告白している。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
勝手に妖怪図鑑 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。