So-net無料ブログ作成
検索選択
教師日記 ブログトップ

貧しい日本の「勝ち組」(怒) [教師日記]

今日は9月に入って最初の、某音楽高校への出勤がありました。

そこは、普段制服のある学校なのですが、今日はみんな、私服で来ていました。

理由を尋ねたら、
「今日は午前中だけ授業で、午後からみんなでオペラを観に行くから。」
と言います。
チラシを見せてもらうと、外国から来た歌劇場の、豪華な舞台です。

おぉ、オペラに行く時は、外国のように、各自おしゃれして行く、
という教育なのかしらん・・・と学校の粋な計らいに感心していたら、
全然そうじゃない理由でした。

前回、みんなで制服で(考えたら、制服が彼らの正装な訳ですものね)行ったら、
周りの観客から、
「どうして高いお金を払って、学生がオペラなんか観に来るのだ?」とか、
「うるさい」とか、苦情があったのだそうです。

うるさい、と言っても、付き添いのプロの音楽家でもある先生方から見て、
決してうるさく騒いでいた訳ではなく(休憩時間中の話し声程度)、
上演中はもちろん静かだったそうです。
(だって将来はそういう舞台に自分が立つために、勉強している子達ですから)

だけれど、制服を着ているだけで、「ぜいたくだ」「うるさい」
と思われた、ということのようです。
それで今年は私服で、ということになったそうです。

学生が、しかも音楽を勉強している学生が、
なぜ一流のオペラを観てはいけないのでしょうか?

以前私が留学していた国では、開演30分前になっても空席があると、
一番高い席であろうと、どこであろうと、
学生はほとんどのコンサートやオペラを、約1000円で観ることができました。

だから、貧乏な学生でも一流の演奏がいつでも聴けたし、
(一応、オペラを観に行く時は、ジーンズはだめで、
それなりにちゃんとした格好をして行きましたが)
そういう学生がいずれ一流の演奏家に育って行くのでした。

制服の彼らに苦情を言った人達は、
一晩何万円もする入場料を払える、中流から上流の生活をする人々です。
高校生達には、音楽学校だから、ということで、
今回安く切符を買えるルートがあったそうです。)
その人達は、外国から来た一流の演奏家や芸術家の舞台を楽しむことはあっても、
自分達が若い演奏家や芸術家を育てる、という視点は持っていないのでしょうか?

自国の若い人々は育てずに、出来上がったものだけ楽しんで終わり・・・
もしもそうだとしたら、日本の「勝ち組」の精神は、何て貧しいのでしょう。
種をまいても育てることのできない、不毛の土地、という感じです。

こんな土地では、豊かな精神、豊かな音楽、豊かな人間は育たないです。

学生達、堂々とオペラを観て、楽しんで来なさい!
豊かな人間になりなさい!
この世の貧しい心に同調しないで、自分らしさを持ち続けなさい!

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

反省 [教師日記]

私は一応学校では、先生、と呼ばれる立場になっています。
(実際は、「め○たん」と呼ばれていることも多いけど)

これまで、色々な生徒とつきあって来たのですが、
色々と考えつつ祈りつつ教えているつもりでも、
後から考えると、やっぱり、申し訳ないことをしたなぁ、
と思うことが、たくさんあります。

とても苦しかったであろう時に、教師として関わっていながら、
何も気がつかずに、その子を苦しめる立場に居続けてしまったこと。

私が言った余計な一言で、悩ませてしまったこと。

注意するべき時に注意しなかったこと。

黙っているべき時に文句を言ってしまったこと。

言い方が悪かった、と思うこと・・・

すぐに気がついた時には、謝ったり訂正したりするのですが、
残念なことに、その後何年か経たないとわからないことがあって、
やっとわかった時には、その子はもう卒業しちゃった後だったりすることも
あるのです。

そういうことを思い浮かべると、
「先生と呼ばれてはいけない。」とイエス様がおっしゃった意味が、
よ〜くわかります。

それでも、学校で音楽教えるためには、
やっぱり「先生」と呼ばれなければならないのですねぇ。
(私自身は「め○たん」って呼んでくれて、いっこうにかまわないんだ)

まぁ、救いは、彼らが私の失敗のせいで、
悩んだり、迷ったりしてしまうことがあったとしても、
その中からそれぞれが何かを学んでくれるように、
神様にお祈りできることかな。

私も以前、周囲の色々な大人から傷つけられたり、
不必要な重荷を背負わされたりして、
とても苦しかったし、
それを負わせた大人を恨めしく思った時もあったけれど、
その苦しみがあったからわかった、
かけがえのないこともたくさんあって、

実際に、あの時苦しんでおいて良かったなぁ、
と思うこともあるのです。
(あの時苦しまなかったら、
私はとても大きな欠陥のある人間のままだっただろう、とも)

私の力不足や失敗から与えてしまった、彼らの迷いや苦しみも、
そうやって彼ら自身が乗り越え、彼らの大きな財産になるといいなぁ、
と思います。

そして、ゆるされるのであれば、私の存在が、
私が好かれるとか嫌われるとかいう問題よりも、
少しでも彼らにとっての「プラス」となれるといいなぁ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

天然らしい [教師日記]

私は週に1回、某音楽高校の先生をしています。
非常勤講師というやつで、ソルフェージュのクラスを担当しています。

きわめてまじめに授業をしているつもりです。
ウケねらいなんて、この学校ではほとんど考えたこともありません。

でも、どうもあの、音楽の先生によく見受けられる、
ピリピリした緊張感というものには、あんまりなじめないので、
授業中も特にコワモテになることなく、
普段の私のまま授業しています。

だって、私自身が学生の時、そういうピリピリした先生が苦手だったんだもん。
そういうピリピリした雰囲気で課題を出されても、
心が萎縮して、何をやっても「おまえはダメだ。」と
言われているようなような気分になって、
ますます課題ができなくなったから。
(もちろん、教えて頂いたこと自体には感謝していますが)

音を細心の注意で聴き分けたり、楽譜を早く正確に読んだり、
緊張感の必要なソルフェージュだけど、
やっぱり音楽なんだから、リラックスして楽しくやった方が
良いのではないか?と思うので、
不必要にコワモテにはなりません。

できないところがあったら、学生を叱るよりも、
どうしてできないかをいっしょに考えてあげたいなぁ、
と思うのですね。

でも、そうやって普通に授業しているだけなのに、学生が笑うんだな・・・

なんで???

理由はよくわからないのですが、何かみんな私を見て、
おもしろがっているみたい。

後で聞いたら、私は「天然」なんだってさ!

えぇっ・・・?そうかい?「天然」かい?

「天然」といえば、私が好きな「さかな君」とか、
「水木しげる先生」とか、そういう人のことじゃないかい?

私もとうとう「天然」になっちゃったのかい?
(そこまでパワーアップしちゃったのかい?)

でも、後から考えたら、こんな私でも「天然」に見えてしまう程、
彼らの普段の音楽生活がピリピリしている、ということなのかもしれない、
とも思いました。

彼らの笑いの中に、ちょっと、普段の鬱憤がたまっていた!
というような、そういうエネルギーを感じていました。
つまり、普段すごい緊張感の中にいるから、
ちょっとだけホッとして、ニコッとできるぐらいの場面でも、
笑いが爆発してしまう。
そうやって息抜きをしないと、生きて行けないような・・・
そんなものを少し感じました。

まぁ、高校生の頃って、「箸が転げてもおかしい。」お年頃、
ということなだけで、私の思い過ごしかもしれないのですが・・・

昔はこの学校で、色々な先生に怒られながら、
ビクビクして暮らしていた私。

今は生徒に「天然」と言われ、
「あら、そぅお?」と、平気でのさばる私。

これでいいんですかね?
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

無力であります(T_T) [教師日記]

この春、私が初めて1年生の時から受け持った大学生が、
(作曲科じゃないけれど、音楽を作る勉強をする科です)
卒業を迎えます。

ここへ来て、色々と考えることがあります。

まずは、本当にみんな成長したなぁ、ということ。
みんな、よくがんばったなぁ、ということ。

そして、その成長のために、私は大したことしていないなぁ、ということ。

教師は、基本的な理論や方法はある程度教えられるし、
彼らが作る作品に対して、毎回頭を絞ってアドバイスはするのですが、
あくまでも伸びたのは彼らの力であって、教師の力ではないのですね。

もう少し、教師の力を発揮するべきだったのかなぁ?

例えば、「君の音楽のスタイルは良くない(幼稚だから、とか、売れないからとか)、
こういうスタイルで曲を書きなさい。」と、
教師の得意なスタイルを勉強させるとか・・・

実際、そういう風に教える先生もおられる・・・

でもねぇ、私はそれができないんですよ。
自分自身がかつて、先生にそういう教え方をされて、
当時好きだった音楽のスタイルを封印しなければならなかった・・・

そうして勉強しているうちに私は、何が楽しくて音楽をやっているのか、
わからなくなってしまったのです。
(それ以前に見失っていたこともあるのですが・・・)

音楽なんて、儲かりにくいものをわざわざ勉強しに来る人なんて、
「好きなことやりたいから。」に決まっているじゃない?
そういう人から「好きなこと」を取り上げることなんてできないよ。

だから、私は大したことのできない教師であり、
学校や上の先生にどんなに怒られようとも(今のところあまり怒られていませんが)、
それを変えようとも思っていないのです。

でも、今年卒業する彼らは、本当に「好きなこと」できたのかな?

彼らの「好きなこと」の前には、
これからもたくさんのことが立ちはだかります。

卒業しても就職しにくい、食べて行かれない、
ニートといつも背中合わせ・・・

そして、就職できれば、食べることはできるけれど、
それはそれで、仕事が忙しくて、
家に帰ってから自分の好きな音楽を作る気力も体力も出ない・・・

華々しくデビュー!なんていうことになれば、そりゃあすばらしいけれど、
そうなればそうなったで、日本の音楽事情は、
音楽家が使い捨てされることが多いので、ずっと生き残って行くことは大変・・・

今、卒業する彼らには、そういう大変なプレッシャーがあって、
彼らは迷ったり、とまどったりしています。

そして、そういう彼らに私は何が言えるのかなぁ?
というと、実は私も明確な答えを持っていません。

私だって、この日本の音楽事情(西洋から見るとかなりお寒い)の中で、
ヒィヒィ言いながら生きているのですから・・・

「こうすれば大丈夫。」なんて言えないよ。

だから、私ができることは、
彼らの話を聴くこと、いっしょに悩むこと、いっしょに考えることかなぁ・・・。

私の経験が役立ちそうな場合は、経験談もするけれど・・・

基本的にはやっぱり、聴くことぐらいしかできないです。

無力であります。

ただ救いは、無力な私といっしょに、神様がいて下さる、
ということです。

う~ん・・・と彼らの悩みを聴くしかない時にも、
神様がその悩みを知っておられて、
彼らの人生を守り、しんどいことや挫折があったとしても、
彼らに最善を成して下さること、

それだけを信じて、いっしょに悩もうと思います。

(T_T)


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

へなちょこ教師の運命(サダメ) [教師日記]

学校という組織で教師をしていると、
たいてい決まった時期に試験というものがあって、
自分が教えたことをどのぐらい生徒が身につけたかを
確かめなくてはなりません。

学生も試験というと、100%いやぁな顔をします。
(私もいやぁでした。)
それで、実を言うと教師にとっても非常にいやぁなものなのだ、
ということを、教師になってから実感した私です。

だって、いやぁじゃない?
ヒト様のお子さん達に、エラソーに数字をつけるなんて・・・
(とりあえず、教えた科目についてだけですが・・・)

この子は、覚えるのは遅かったけどとっても努力していたなぁ、とか、
この子はムードメーカーだなぁ、とか、
いつもうるさいけど、気の良い子だなぁ、とか、

言葉になることもあれば、言葉にもならないようなこともある、
色々な出会いが現場ではあったはずなのに、
その総括が、ただの数字になっちゃうなんて・・・

でも、そんなことで文句を言っても仕様がない、
それは学生も教師も逃れることのできない、
浮世の運命(サダメ)なのでありますから・・・(T_T)

という訳で、期末試験の採点と成績つけに
とりかかっている私です。

そうだ、何よりもお祈りして、神様に助けてもらって成績をつけよう・・・。
神様に責任転嫁?
いえいえ、もともとヒトの価値を決める権限を持った方は、
神様しかいないのですから。

でも、神様は私たちを数字で測ったりはしない方、
良かった~(^O^)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

初めての高校生 [教師日記]

私は作曲家やピアニストの仕事をしながら、実は教師もしています。
1週間のうち、某音大に2日、
個人的に開いている音楽教室に1日。
そして、この4月から、新たに、
某音大(現在勤務している音大とは別)の附属高校にも、
半日だけ教えに行くことになりました。
この高校は、実は私の母校だったりもします。

いつもは今風のおもしろいファッションに身を包んだ
大学生達と付き合っていた私、
大学生から「○○たん」と気安く呼ばれてしまっている私が、
いきなり制服の世界に踏み込んで、昨日は初めての始業式。
その緊張感、というか、ちょっと威圧感も入り混じった雰囲気に
カルチャーショックを受けました。
そして、しばらく経ったら、思い出しました。
「そうだった。この高校ってこういう雰囲気なんだったっけ・・・」

でも、私自身が高校の時、そういう雰囲気に不安と恐怖を感じたのを覚えています。
言ってみれば自分が自分のままであることが、あまり歓迎されない、というか、
自分らしく「ある」ことよりも、学校の伝統を守れるような立派な言動や演奏をし、
立派な音楽家に「なる」こと、
そしてとにかく大学に現役で入ることの方が、はるかに重要、
とみなされている、そんな雰囲気。

やはり今在学している子の中にも、
そんな雰囲気や、大人の発言や要求に恐怖を感じ、
傷ついている子がいるのではないかしら、
とちょっと心配になってしまいます。
(まぁ実際は、たくましくそんなものを跳ね返す子も多いのですが・・・)

音楽って、基礎やテクニックがとても大事なものですが、
それを使って何をどう表現するのか、ということになると、
本人の人間性が大きく関わって来ると思うのです。
(そしてそれが、演奏家によって同じ曲でも全く違う演奏になる、
という楽しさを作るのだと思います)

冷徹な人は、やはり理性的でドライな演奏になるし、
自分勝手な人は、やはり聴衆をおいてけぼりにする演奏になります(笑)。
また、人生の中で本人が、喜び、悲しみ、苦しみといったものを知るほど、
音楽の中にそれが如実に現れ、音楽が深まって行きます。
そして、そういうものは基本的に、不安や恐怖のあるところでは育たない
と私は思うのです。

だから、いくら受験だからといっても、
やはり高校の多感な時期に、
自分が自分であることを否定されるような状況にあるというのは、
人によっては大切なものを失う可能性があるように思います。
その子が繊細であればあるほど・・・

う~ん、前途多難かも・・・
と、私もちょっと緊張気味になっていたら、
ダンナさんが
「あんまり肩に力を入れないで、自分らしく、楽しくやればいいですよ。」

ダンナさん、さすがです・・・ありがとう・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
教師日記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。