So-net無料ブログ作成
苦手の暗誦聖句等(-_-;) ブログトップ

新約編 聖句 5 [苦手の暗誦聖句等(-_-;)]

♪ イエス様の十字架上の7つの言葉

1、「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分で
   わからないのです。」(ルカの福音書23章34節)

2、「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともに
   パラダイスにいます。」(ルカの福音書23章43節)

3、「女の方。そこに、あなたの息子がいます。」(ヨハネの福音書19章26節)
  「そこに、あなたの母がいます。」(ヨハネの福音書19章27節)

4、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」(マタイの福音書27章46節)
  「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ」(マルコの福音書15章34節)

5、「わたしは渇く。」(ヨハネの福音書19章28節)

6、「完了した。」(ヨハネの福音書19章30節)

7、「父よ。わが霊を御手にゆだねます。」(ルカの福音書23章46節)

****************
まだ、前のもの(愛の章)が覚えられていないのですが(^_^;)、
ちょうど今度の日曜日(12日)が復活祭で、
その前の金曜日(10日)が、イエス様が十字架にかかられた日にあたり、
この間の日曜日の礼拝でも、十字架上の言葉について学んだので、
書き出してみました。

こっちの方が先に覚えられそうです。
(でも、それぞれの言葉の箇所はダメかも・・・(^_^;))

以下、私にわかる範囲で覚え書きです。

2、は、イエス様とともに十字架にかけられた泥棒のうちの一人が、
信仰告白をしたことに対するイエス様の答えです。

3、の「女の方」はイエス様の母マリアへの言葉、
次の言葉は、「弟子に」とありますが、ヨハネのことです。
それ以後ヨハネはマリアを引き取って、実の母のように仕えたそうです。

4、は有名な言葉で、「わが神、わが神、どうして、私をお見捨てになったのですか。」
のヘブライ語です。(マタイの方は、前半がアラム語・・・
ヘブライ語の一種になっているそうです。)
また、この言葉は、旧約聖書の詩編22編の冒頭でもあります。

新約編 聖句 4 [苦手の暗誦聖句等(-_-;)]

♪ 第1コリント 13章 (全部!)

1:たとい、私が人の異言や、御使いの異言で話しても、愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。
2:また、たとい私が預言の賜物を持っており、またあらゆる奥義とあらゆる知識とに通じ、また山を動かすほどの完全な信仰を持っていても、愛がないなら、何の値打ちもありません。
3:また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。
4:愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。
5:礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、
6:不正を喜ばずに真理を喜びます。
7:すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
8:愛は決して絶えることがありません。預言の賜物ならばすたれます。異言ならばやみます。知識ならばすたれます。
9:というのは、私たちの知っているところは一部分であり、預言することも一部分だからです。
10:完全なものが現われたら、不完全なものはすたれます。
11:私が子どもであったときには、子どもとして話し、子どもとして考え、子どもとして論じましたが、おとなになったときには、子どものことをやめました。
12:今、私たちは鏡にぼんやりと映るものを見ていますが、その時には顔と顔とを合わせて見ることになります。今、私は一部分しか知りませんが、その時には、私が完全に知られているのと同じように、私も完全に知ることになります。
13:こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。

*************

この章は、愛の章として有名ですね。
私には、キリスト教の教えの根幹が示されているように思います。
だから思い切って全部覚えてしまいたい・・・けど覚えられるかな・・・

クラシック音楽好きのダンナさんは、この13節を、
フルトヴェングラー(指揮者)のお墓に刻まれている聖句として、
ずっと前から知っていたそうです。

4節から7節までの「愛」という言葉を、「私」に置きかえて読むと、
自分にいかに愛がないか、ということがわかると言われています。
確かに・・・(-_-;)

新約編 聖句以外 2 [苦手の暗誦聖句等(-_-;)]

♪ イエス様の地上での家族

お父さん・・・ヨセフ
お母さん・・・マリア

兄弟・・ヤコブ(ヤコブの手紙を書いたと言われる)
・・・・ヨセフ
・・・・シモン
・・・・ユダ(ユダの手紙を書いたと言われる)

他にも妹達が2人以上いたらしい。

でも、イエスの兄弟の解釈については、
カトリックとプロテスタントでは違いがあるようです。
上記は、プロテスタントの解釈です。

新約編 聖句 3 [苦手の暗誦聖句等(-_-;)]

♪ マルコの福音書 2章17節

イエスはこれを聞いて、彼らにこう言われた。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。」

新約編 聖句 2 [苦手の暗誦聖句等(-_-;)]

♪ マルコの福音書 2章27〜28節

また言われた。「安息日は人間のために設けられたのです。人間が安息日のために造られたのではありません。
人の子は安息日にも主です。

新約編 聖句 1 [苦手の暗誦聖句等(-_-;)]

♪ マルコの福音書 10章45節 

人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、
また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです。

新約編 聖句以外 1 [苦手の暗誦聖句等(-_-;)]

♪ イエス様の十二弟子

シモンと呼ばれるペテロと弟アンデレ・・・ガリラヤの漁師
ゼベダイの息子ヤコブと弟ヨハネ・・・ガリラヤの漁師
ピリポ
バルトロマイ
トマス
マタイ・・・レビとも呼ばれる、取税人
アルパヨの息子ヤコブ
タダイ
熱心党シモン
イスカリオテ・ユダ

 使徒の働きに入って、ユダの代わりに選出されたのが、マッテヤ
 サウロ改めパウロも改心して使徒に、(十二使徒には数えられないが)


苦手の暗誦聖句等とは・・・ [苦手の暗誦聖句等(-_-;)]

私は結構をばさんになってからクリスチャンになったので、
何がダメって、聖書の言葉とか、細かいこととか、
覚えるのがダメです。

それで今までは、教会学校の子供達が、
スラスラと暗誦聖句なんか言うのを、うらやましいなぁ、
と思いつつ、
(時々牧師先生からも、覚えなさい、とキョーハクを受けつつ)
をばさんなんだから、しょうがないじゃん!
と居直ったりもして、
ちょっと努力して、いくつかは覚えたものの、
(たいていのクリスチャンが、これだけは言えるとされる、
ヨハネ3章16節とか・・・(^_^;))
すぐに力つきて、記憶力を司る脳細胞を無駄にして
生きて来ました。

でも最近、霊的に自立しなきゃ、とか、
しっかりしなくちゃ、と思っていたら、
何となく覚えてみようか、という気になったのです。

それで、聖句とか、聖書を読む時に覚えておいた方が良いと
思われることについて、
このカテゴリに少しずつメモして行こうと思いました。

ここに書いておけば、忘れてもすぐに見られるし・・・(^_^;)
(結局それが目的!?)

ちなみに、使用している聖書は新改訳です。
苦手の暗誦聖句等(-_-;) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。