So-net無料ブログ作成
検索選択

福島県の旅 その1 [秘境駅じゃない旅]

ものすごく久しぶりの更新になりました。
まだ体調はいまいちの日々なのですが、
何とか色々な対処法を試しながら、やっております。

それで今回、ゴールデンウィークの後半を利用して、
福島県に行って来ました。

旅の目的は・・・
本当は体調が万全だったら、
まだまだ必要と言われるボランティアに行きたいのですけれど、
半日ちょっと無理をすると1〜2日寝込む、という私のペースでは、
行くだけ迷惑になりそうなので、
福島の今をとにかく見る、知る、
もちろん、自分達も楽しみ、休む、
という旅にしたのでした。

まずは2日の夕方、それぞれの仕事を終えてから、
私達は上野から常磐線「スーパーひたち」で泉まで行き、
その日はそのまま宿泊

翌日3日に、アクアマリン福島に行きました。

アクアマリン福島のことは、多くの方がご存知と思いますが、
震災直後の停電でたくさんのお魚が死んでしまい、
(20万匹以上の生物が死んでしまったそうです。)
大変な被害を被ったのですが、
多くの方々の協力と努力によって、昨年夏に再開にこぎつけたのです。
(そのあたりの経緯については、アクアマリン福島のブログに
詳しく記録されています。)
http://blogs.yahoo.co.jp/fukushimaaqua

水族館好きの私達としては、行かない訳にいかないじゃありませんか!

しかし、その日は関東東北は、暴風雨の日。
タクシーで水族館まで乗り付けたものの、
(当初は泉駅からバスで行く予定でした)
タクシーを降りてから水族館入口までの数十メートルで、
すっかりズボンがぐしょぐしょに・・・

でもね・・・すごいよ。
朝9時の開館ぎりぎりの時間に行ったのに、
ものすごくたくさんの人が、子供も大人も暴風雨の中、
列をなして水族館に入って行くよ・・・

すごいなぁ、いいなぁ・・・
アクアマリンチケット.jpg

水族館の中は、被災前を知らないので、
以前との違いはわからないのですけれど、

魚の美しさを様々な形で鑑賞できるのはもちろん、
お見合い.jpg

人との関わりや歴史を学ぶところもあり、
(うなぎと人との関わり、シャケと人との関わりなど)
うなぎ.jpg

子供が楽しむスペースもあり、
圧巻の大水槽もあり(イワシやマグロ、カツオなどがいました)、
大水槽.jpg
シーラカンスの研究もあり、
(ビデオやホルマリン漬けのシーラカンス、
様々な研究資料、シーラカンスをモチーフにした工芸品等)
シーラカンス.jpg
そして、震災直後からこれまでの記録もあり、
とっても見応えのある内容でした。

特に震災後、多くの生き物が死んだ中を生き残って、
今元気に展示されている魚や海獣達を見ると、
その命が守られて、本当に良かったなぁ、と思いましたし、
またそのために多くの方が努力なさったことを思うと、
感慨もひとしおでした。

一通り見終わったところで、こんなアイスも・・・
ごんべアイス.jpg
アイス最中で、ごんべというのは、アフリカのコモロ諸島で、
シーラカンスのことを「ゴンベッサ」というのにちなんでいるそうです・・・

気がついたら、館内で5時間過ごしていました。

行き帰りに乗ったタクシーの運転手さんは、
そのあたり一帯の被害について、教えて下さいました。

水族館の周辺は、地形的に入り組んでいないことと、
海辺には工場地帯があったため、
津波による住宅地の被害は、ひどかった地域から比べれば
少なく済んだとのことでした。
(それでも、大人の胸の高さぐらいまでは水が侵入したそうです。)

でも、道路はデコボコになって、一切の流通が止まり、
電気や水道も止まり、
最初の一週間はお風呂にも入れず、大変だったそうです。

デコボコになった道路は、今はほとんどきれいに修復されていますが、
以前から見ると、道路が斜めに傾いてしまったそうです。

そして、海辺にはまだ、ところどころ、
津波で壊れた船や、ガレキらしいものが
集められているところがありました。

本当はすぐ近くの「ららミュウ」という
観光物産館にも行きたかったのですが、
水族館でエネルギーを使い果たした私達は断念・・・
(妻が体調不良だから、無理できない)
また来るよ、ということで、その日は退散、
いわき駅前のビジネスホテルに泊まったのでした。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 2

ほるん

何だズ、福島まで来たんだったら、もうちぇっと脚ば伸ばして、
オレのどさも、来たらいがったべした。
ンでもなぁ、連休の後半は、天気悪がったしなぁ・・・。
今度来っどきは、ちゃんと、おしぇろな。まってっからよ。
by ほるん (2012-05-14 23:00) 

めう三毛女

ほるんさん、

お久しぶりです。
すっかりご無沙汰してすみません。
北の方面は、夫婦ともに好きで、東北リピーターですので、
またの機会には是非よろしくお願いいたします!

方言でコメント返せず、残念だなぁ。
by めう三毛女 (2012-05-15 10:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。