So-net無料ブログ作成
検索選択

R叔母 [日々の出来事]

私には母方の叔母が二人います。
一人は今年の1月に亡くなったY叔母、
もう一人はR叔母です。
R叔母は北陸のY叔母の家の近くに
旦那さんである叔父と二人で住んでいるのですが、
2年程前から認知症の症状が出ていました。
Y叔母が亡くなったショックからか、
今年に入ってからは、症状が悪化しているようでした。

そんなR叔母が、春に胸にしこりがあると言って病院に行ったところ、
乳ガンと診断されました。
しかも両胸から別々にできたガンが見つかったのです。
(ステージは、1と2でした。)

だけど、R叔母の認知症はかなり進んでいて、
ガンの検査を受けることさえ、かなり耐え難かったようです。
とうとう、検査中に大きな音が鳴るMRIは
完全拒否で受けることができませんでした。

それでも他の検査を総合した結果、
ガンを手術で取るべしという診断がおり、
(他の治療は考えられない、というような説明でした。)
先週手術をしました。

81歳になる母といっしょに、
私も手伝い(半分は母の心身のサポート)に行きました。

叔母は手術の前に一通り、
病状の説明を主治医から受けたのですけれど、
乳腺科の先生は、認知症の人に慣れていないようで、
難しい言葉をポンポン使うため、
本人は先生が何を言っているのか、よくわからなかったもよう・・・

一応後で家族が、本人にもわかりそうな言葉で説明すると、
その時は、「ふーん」と納得したような顔をするけれど、
ちょっと時間が経つと、何を説明されたのか、忘れている・・・
時には、自分が何の病気なのかも忘れて、
私はな~んにも悪いところはないんですよ、と
主治医に言ったりしている・・・

そんな叔母が手術なんか受けて大丈夫なのだろうか?
という不安はありましたが、
その病院は、認知症治療でも有名な病院で、
叔母もずっとそこにかかっていたので、
両科でうまく連携して頂けるのだろう、
と思っていました。

でも私達は、認知症の人の手術が、
どんなに本人にとっても周囲にとっても大変なものか、
そして、病院という場所が、認知症の人に関しては、
ほとんどまともなケア方法を持っていないということ、
(認知症で名高い病院で、そこにかかっている患者なのに)
実際に体験するまでわかりませんでした。

術後に麻酔から覚めた叔母が、
どうなったかというと・・・

どうしてこんなに胸が痛いのか、わからない。
どうしてこんな気持ち悪いマスクをつけているのか、わからない。
どうしてこんなに身体を締め付けられているのか、わからない。
どうしてこんなにたくさんの管が身体についているのか、わからない・・・
という訳で、恐怖と怒りで大変なことになっていました。
(若い時には、2回も手術を受けた経験があるのに、
それも全部忘れているようでした。)

私は病院に騙された、こんなひどいことになるなんて、
誰も言っていなかった、
こんなところに来るんじゃなかった、
早くこんなもの全部はずして、家に帰る、
こんなに辛いんだったら、もう殺してくれ・・・

そして、わずかに動く手で、管をもぎ取ろうとしたり、
傷口を締め付けているバンドを取ろうとしたり、
酸素マスクをはずそうとしたりしました。

私達(家族と看護士さん達)はその度に、
これはどうしても今、治療のために必要なものだから、
今だけがまんしてね、辛い思いをさせてごめんね・・・
となだめながら、何とか管やバンドの保持に努めましたが、
そういった抵抗は、叔母が起きている間はずっと続くので、
かなり大変でした。

更に二日目になって、少し身体が動くようになると、
怒って実際に強い力で管を引きちぎろうとするようになったり、
帰る、と言って、ベッドから起き上がって歩き出したり、
(それだけ身体は元気になって、めでたいことなのですが)
ますます目が離せなくなりました。

そこで、本来は完全看護の病院なのに、
夜間も家族の誰かが泊まって付き添ってくれないか、
と言われました。

でも・・・そこに居たのは、
叔母の旦那さんと、息子(私には従弟)と母と私。
従弟にはなかなか休暇も取れない仕事があって、
術後3日目は、もう家に帰らなくてはならない。
そして、母も叔父も高齢で、夜中付き添ったりしたら、
絶対に倒れる・・・(昼間の付き添いだけで、かなりへとへとになっている)

私が付き添おうか?と言ったのですけれど、
私も更年期のさなかであり、母のサポートも必要なので、
一晩ぐらいは可能でも、毎夜付き添うのは無理だろう・・・ということで、
夜中は専門の付き添いの方を頼もう、ということになりました。

本当は家族しか付き添いができない決まりがあるそうなのですが、
背に腹は代えられない、ということで、
現場の看護士や医師の方も許して下さったので、
すぐに手配しました。

来てくれる方はすぐに決まり、あー良かった、これで何とかなる、
と、病室に簡易ベッドを運んで頂いて、準備していたところ、
いきなり病院の上層部から、
家族以外の付き添いは絶対にダメ、というお達しが来ました。

更に、夜中に家族が付き添えないのならば、
夜中に本人が暴れた時には、「抑制」しても良いという
同意書を書け、という・・・

つまりは、叔母の手足をベッドに縛り付けるということ・・・

げっ・・・何考えとんのじゃ!?この病院!

叔母はこの病院の神経内科で認知症の治療も受けているのに、
その病院の出す答えが、人を縛ることかいっ!?

そんな野蛮なやり方が、まだ病院にはあるのかいっ!?

かなり驚きました。
ハラワタが煮えくり返りました。
叔母がこれまで、「病院に騙された」と言っていたけれど、
本当に私達は騙されていたんだ・・・
「すぐに帰ろう」と言っていた叔母は、正しかったんだ・・・

私はこれまで、一生懸命に叔母をなだめて、
何とか治療を継続しようとしていたことが、
すべて水泡に帰したように感じて、力が抜けてしまいました。

叔父はそれでも、その同意書にサインしました。

私は・・・もしもこれが自分の親だったら・・・
すぐに認知症患者を縛らずに治療してくれる病院を探して、
できるだけ早く転院させていたと思います。
(実際にとても少ないけれど、そういう方針の病院もあるようですし)

でも、私は叔母の娘ではないから、
家族である叔父と従弟が叔母を縛ることを決めるのならば、
それを非難する資格はないのだ、

またもしも私が、叔母を無理矢理転院させるとしたら、
それは叔母の家庭を踏み荒らすことであり、
私の自己満足でしかない・・・

それでもその日は宿に帰って、
ず~っと割り切れない気持ちで居ました。
本当にこれで良いのか、
私は神様の前に恥ずかしいことをして逃げて来たのではないか?
ずっと自問自答していました・・・

私は26日の夕方に帰って来ました。
(仕事の都合でそれ以上は居られなかったのです。)
26日までは、実際には縛られることなく、済んでいました。
(現場の看護士さん達は、よく訓練されていて、
荒れる叔母に対しても、忍耐強く優しく接して下さっています。
極力縛らずに済むように、夜は睡眠薬を使うなど、
配慮をして下さっています。
そう、現場の方はとてもすばらしいのです。)
今は叔父が一人で看病し、休みの日に従弟が行っています。

あれからどうなったか、まだ連絡はありません・・・

叔母は、本当に手術を受けるべきだったのでしょうか・・・?
あるいは、ガンが完治できなくても、
寿命がつきるまで、なるべく悪化させないように、
痛みができるだけないようにしながら、
叔母が平安に過ごせるような時間を作って行くことは、
できなかったのでしょうか?
(今になって、もっと、そういう方針の病院を探して、
セカンドオピニオンを頂けば良かった、と思います。
実際これが自分の親だったら、私はそうしていたかも・・・)

手術と入院を通して、叔母の心はズタズタになり、
認知症が進んだことは確実です・・・
今回叔母を見ていてわかったことは、
普通の人ならば苦しみながらも何とか耐えられることが、
認知症の人には、理由や状況がわからない分、
何倍も耐え難い恐怖や怒りになり、
その人の心を切り刻むのだ、ということでした。

しかも今回、手術で大変な思いをしているのに、
更に安全のためと、手足を縛られたりしたら、
それは普通の人であっても、耐え難いことなのに、
認知症の叔母には、殺されるにも等しい恐怖を
経験させることになるのではないか、と思います。
いくら扱いにくい認知症になったからと言って、
人の晩年がこんな風であって良いのでしょうか?

こんな、病気を見て人を見ないような貧しい医療のあり方が、
日本にはまだまだ、普通のこととしてまかり通っているのだなぁ・・・

そして私達はどうしようもなく無力だなぁ・・・

はぁ・・・(-_-;)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。